アマゾン ヨーロッパついに日本語化されました。管理画面が…

やっとヨーロッパのアマゾンが日本語で表示出来るようになりました。

より多くの言語でセラーセントラルが使えるようになりました
2017/02/07

セラーセントラルの表示言語の選択肢が5つ増え、Deutsch (ドイツ語)、Español (スペイン語)、Français (フランス語)、Italiano (イタリア語)、日本語を選択できるようになりました。より簡単に言語の切り替えを行えるよう、セラーセントラル右上の検索バーの隣に、言語切り替え用のドロップダウンメニューを新しく追加しました。これにより、ページ上部でご希望の言語を選択できるようになります。また、ページ下部までスクロールして従来の言語切り替えを利用することも可能です。

また、セラーサポートへのお問合せについても、日本語での対応を開始いたします。セラーセントラルの言語を日本語に切り替えた上で画面下部の「サポートを受ける」リンクよりお問合せ下さい。サポート時間は月曜~金曜、午前9時~午後6時(日本時間)となります。尚、一部のお問い合わせにつきましては、日本語以外でのサポートとなりますので、予めご了承ください。

商品説明やタイトルなどは今まで通りその国にあった言語で書かないとだめみたいです。

それでも、サポートとのやり取りが日本語で出来るのはありがたいです。
一体、どの程度のサポートが日本語で対応されているかは詳細が無いので分かりませんが今後情報を入手できたら記事にしていこうと思います。

これから、アメリカのアマゾンのようにある一定の商品は飽和していきそうです。

ただ、税金関係が異常にうるさいイメージがあるのでハマっちゃう人はいるでしょう。

あと、問題は知的財産です。

イギリスはかなりうるさいイメージがあります。

私の場合はあえてイギリスは出品を避けています。

また、中古商品などを多くして知的財産を回避と言うか対策しているつもりです。

新品よりは小うるさいイメージはありませんので…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です