ebay無在庫販売はamazon.comも参考にしよう。プラス無在庫販売の心得。

無在庫販売で輸出している方は大抵、日本の商品を購入して日本から送ろうとしています。

私も大半はその方法で無在庫販売をしていますが、amazon.comの在庫も確認するようにしています。

販売する際に大切な条件が2つかございます。

プライム商品限定で探す(FBAに納品されている商品)

販売の対象がアメリカのお住まいの方限定になる

皆さんは日本のアマゾンの販売金額を確認して出品する方がほとんどだと思います。
初心者なら特にこの傾向が多いでしょう。
しかし、amazon.comの価格を参考に無在庫販売することにより
配送時間も短縮されトップレイテッドセラーの称号も若干近道になる可能性が高まります。

無在庫販売にはデメリットもあります。

販売開始の時は利益の取れる金額だったが売れた時には売値が上昇していた。
これが、かなりの割合を占めるデメリットだと思います。

仕方ない・・・金額が合わないし在庫も無いからキャンセルしよう。

と、諦めていてはいつになっても利益は出ないし、無在庫をする意味がありません。

こういう場合は腹をくくって赤字でもいいから購入して買ってくれた方に送るようにしましょう。
この行為が出来るか出来ないかで成功するかどうかは変わってくると思います。
毎回、赤字で販売しなさい!
ということではなく極力少ない赤字で抑え、
他の商品でその赤字分を補うようにしていくことが大事です。
さすがに赤字が5,000円だった場合はやる意味が無いので
しっかり謝罪してキャンセルをするようにした方がいいですね。
間違っても無言でキャンセルはしないようにしましょう。

この5,000円赤字になる理由、原因を考えて無在庫販売に向き合うことも大事です。
この反復が出来ないと無在庫販売で利益を出し続けることは非常に困難でしょう。

他の販売者の価格を気にしすぎると売れません。

もちろん競合の人より最安値で売り利益を確保するのが理想ですが
そのことに集中するよりライバル(競合)と違う国に売る戦法、手法を見つけ出す方がいいと思います。
例えばワールドワイドで販売しているがライバルはアメリカ以外の配送料がぐっと高くなっているなんてことがよく見かけます。
その時にライバルと同じ条件で出品していては、いつ売れるかわかりません。
私の場合ライバルの細かい送料設定などを見てアメリカ以外はライバルより5ドルサービスしよう。
などと良く見ると自分から買った方が安いんだと思わせる努力もしています。
そのおかげでアメリカよりもヨーロッパなどに出荷する事が多いです。
こんな感じでライバルと同じ土俵で販売するのであれば隙間を狙っていくのも手法だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です