日本郵便を利用して国際郵便で配送する手順

日本郵便を利用して国際配送する手順

配送方法、配送会社にはいくつかございます。

もっとも簡単だと思える日本郵便を私はお勧めしております。

海外発送に必要な書類が配送伝票を作成する手順で完成できる。

海外発送に必要な書類

渡航するときにパスポートや出入国書類を提出するように、海外に送るものにも発送用ラベルやインボイスが必要です。

きちんと書くほど、スムーズかつ素早く検査を通過できて、配達までの時間も短縮できます。

発送用ラベルやインボイスの出力の手順

まずは国際郵便マイページサービスにアクセスします。

アカウントは無料で作成できますので作成しログインください。

ログインするとこの画面になります。

右にあるオンラインショッピングツールの

送り状作成するをクリックします。

最初にご依頼主を登録するで

あなた(送り主)の情報をご入力ください。

登録が出来たら次回からは入力は省略されます。

お届け先の選択をして次に進みます。

こちらは既に使用しているのでお客様の情報がストックされていますが

新規の場合はなにも無い状態です。

ちなみに、このストックされた情報はリピートされるお客様がいるときに利用できますので便利です。

お届け先を登録するの下にある選択の下のポッチを選択します。

こちらの画面で印の必要事項を入力します。

州名、郵便番号も入力を忘れないようにしてください。

全て入力したらキャプチャ画面にはありませんが下にこの内容で登録するをクリックします。

次は内容品の登録です。

私がメインで利用しているのは

EMS(物品)国際eパケットです。

こちらの説明は後日掲載しますのでここでは割愛します。

今回は国際eパケットを選択します。

内容品を登録をクリックします。

*印内容品名単価を入力します。

内容品名は嘘は書かないようにしてください。

私の場合はebayの出品したタイトルをコピペしてます。

単価も嘘は書かないようにしてください。

私は入金額から送料を差し引いた金額を入力しています。

送り状の内容品登録へ戻るをクリックします。

先程登録した商品と単価が表示されている状態になります。

キャプチャ画面では既に入力されていますが

個数が空白なので実際に送る数量を入力します。

ここは半角での入力になります。全角だと先に進みませんので注意しましょう。

数字を入力すると内容品総額に金額が自動で表示されます。

内容品種別贈物のままで大丈夫です。

「No Commercial Value」を表示するチェック

危険物についてのご確認チェック

発送関連情報の入力をクリック

次は重量の入力です。

単位はグラムでの入力になります。

今回の商品は梱包した状態で1.95kgあったので2000と入力しました。

おおよその数字で大丈夫です。

1500gなどとあまり少なく申請しない方がいいので注意してください。

経験上、100g程度は許容範囲かなと思います。

数字を入力すると今回かかる送料が表示されます。

インボイスの印刷指定を印刷するチェックします。

こちらの数量は送る国よって変わってきます。

アメリカの場合は1枚の出力で問題ありません。

国によって必要な枚数が勝手に変化するのでデフォルトのままの数字にしてください。

通知設定は私のを真似してチェックしてください。

登録内容を確認するをクリック

登録内容の確認をする画面です。

念のため全てを確認します。住所を間違えてしまったなどの場合、修正する事が可能です。

何も無ければ送り状印刷をクリックします。

ここでお問い合わせ番号が発行されます。

私の場合はこのお問い合わせ番号をebayのトラッキングナンバーにコピペしています。

さらに下に行くと右側の画面が現れます。

送り状のプレビューが表示されたら右クリックで印刷します。

発送用ラベルとインボイスが印刷されます。

右のように切り取り線に沿って切ります。

荷物に貼ったら完成です。

発送ラベルを荷物に貼りつける袋は日本郵便さんで無料で提供されております。

日本郵便の国際郵便マイページサービスは便利

これで苦手だと思ってた方も簡単だなと感じてくれたではないでしょうか?

私は所見でも適当にやって習得できました。

これを利用しない場合は手書きになりインボイスなんかはとても面倒だと思います。

日本郵便はこんなに親切なシステムがあり、配送コストも他と比較すると安いです。

是非、今日からこのシステムを利用してください。

分からないことがあればコメントでご質問ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です