はじめに

年間に10回以上イタリアに行っていましたので、ホテルの情報の他にイタリアについての情報や旅行の際の注意点、各都市での滞在の仕方など、わかる範囲で記載したいと思います。

1年間に多いときで15回ほど、少ないときでも10回ほどはイタリアに行っていましたので、イタリアに初めて行かれる方でも参考に出来るようにわかりやすく解説したいと思います。

イタリアは日本から直行便で約12時間、接続便では19時間から25時間ほどかかります。

そう考えると南米やアフリカを除いて、日本からイタリアは遠い国になります。

それでも、毎年イタリアを訪れる日本人は非常に多く、リピーターも多いと思います。

魅力のあるイタリアですが、目的別の旅行体験ができるのが魅力になると思います。

歴史が好きな人は古代ローマ時代の遺跡やルネッサンスの町並みが今も残る地方都市。

ショッピングが好きな人はグッチやプラダ、アルマーニ、ドルチェ&ガッパーナ、フェラガモなどの本社があるイタリアでのショッピングや郊外にあるアウトレット、セレクトショップなどを効率的に訪問。

芸術や美術が好きな人はルネッサンス時期の彫刻や絵画、教会の宗教画やステンドガラスなど。

料理が好きな人や食事が好きな人は、本場のイタリア料理を堪能。

スポーツや車やバイクに興味のある人はサッカーのセリアAやフェラーリ、MVアグスタなどの博物館。

そして入り組んだ海岸や湖、温泉や丘陵地帯や渓谷などイタリアの自然。

当然、旅の目的は一つではなく複数に。

行きたい都市も一つではなく複数を考えると思います。

限られた時間の中で効率的に観光やショッピングをするためには、現地の情報と交通機関に精通する必要があります。

また、旅行の期間に合わせてしっかり計画を立てる必要があります。

訪れたい都市も

古代と現在が融合しているローマ。

死ぬまでに一度は訪れたいと言われているナポリ。

ルネッサンス 花の都と言われるフィレンツェ。

ファッションと湖水地方へのショートトリップの拠点であるミラノ。

1000年にわたる共和国の歴史を持つ海の都ヴェネツィア。

イタリアの事に詳しくない人でも、すぐ思い浮かぶこれらの都市以外にも魅力的な地方都市は数多くあります。

リゾートで有名なリミニとその近くのサン・マリノ共和国。

海洋都市だったジェノバから南下するリグーリア海岸。

最古の大学がある料理と音楽のボローニャや斜塔で有名なピサ。

古代ローマ時代の都市がそのまま保存されているポンペイとローマ皇帝の避暑地カプリ。

その他にも魅力的な都市はまだまだあります。

イタリア旅行と考えると旅行代金も高いイメージがあります。

しかし、特別な手段やノウハウがなくても一人12万円~13万円で(時によってはそれ以下で)行くことが可能なので、旅行に行ける時間的な余裕がある方は、リピーターになって何度も訪れることができます。

訪問する都市も直行便ならローマかミラノ、ヴェネツィアになります。

乗り換え便なら主要な都市には空港がありますので、好きな都市を訪問することが可能です。

できたら初めてイタリアに行くときには多くても2都市程度に考えて、旅程を考えるのが現実的です。

イタリアは日本と同じで南北に長く北と南では気候も違います。

温暖なイメージのあるイタリアですが、南は温暖でも北では雪がが降ることもあります。

雪が降っていなくても冬のヴェネツィアは気温以上に寒く感じます。

そういう事も、小さな事かもしれませんが実際に滞在するときには重要になってきます。

効率的に移動するためには現地の交通機関や目的地までの行き方がわからないと、予想以上に時間が必要になります。

イタリアでのトラムやバス、地下鉄、列車を始め、レンタカーの予約、借り方、運転や注意点などわかる範囲で記載していきます。

イタリア各地にあるアウトレットの詳細な情報と行き方。

など、普通のガイドブックに載っているような観光地の情報よりも、それ以外の情報を積極的に記載していきます。