イタリアの国立公園 15

イタリアは世界で最も世界遺産の多い国です。当然イタリア旅行に行く際に観光は世界遺産を中心にローマやフィレンツェ、ヴェネツィアなどの都市を中心に考えると思います。
しかし、イタリアの自然は日本と同じように変化に富んでいて、南北に長い国土には自然も多く魅力的で美しい国立公園がたくさんあります。
スケジュール的に難しいかもしれませんが、せめて1カ所くらいは訪れても良いと思います。

日本から訪れるイタリアの多くの都市が美しい国立公園や風景の近くにあります。

それを念頭に置いて、訪れることを考えるべきであるイタリアで最高で最も美しい国立公園のいくつかを紹介したいと思います。

ドロミティ・ベッルネジ国立公園
Bellunesi Dolomites National Park

ベルルネージドロミテ国立公園 Bellunesi Dolomites National Park

ドロミティ・ベッルネジ国立公園は、おそらくイタリアで最も美しい国立公園のひとつです。

ドロミティ・ベッルネジ国立公園 はヴェネツィアから近く、車で1時間30分ほどのモンティデルソーレとタルベナを含む山脈にあります。
ちょうどドイツのミュンヘンからイタリアに向かう途中、オーストリアを抜けた場所になりますので夏には、絵のように美しい野原や切り立つ山々を通って、ミス湖のほとりに有り小川をハイキングすることが出来ます。ロッククライミングスポットやたくさんのキャニオンがあり、変化に富んで美しい国立公園です。

ステルヴィオ国立公園
Stelvio National Park

ステルヴィオ国立公園はイタリア北部のスイス国境にあり、 ドロミティ・ベッルネジ国立公園 からもほど近いアルプスから伸びている深い谷、雄大な尾根、そして透明な湖があります。
公園にはたくさんの散歩道があります、初心者は簡単な谷を巡る道を、プロハイカーは公園の最高峰に向かうことができます。

イタリアのそれらの国立公園のうちでスイスに近い国立公園はイメージするイタリアとは違って雄大な自然を楽しむことが出来ます。

この周辺にはいくつかの簡単なハイキングコースがありますが、車でもアクセス可能です。

チンクエテッレ国立公園
Cinque Terre National Park

ジェノヴァからピサに向かう海岸線は入り組んでいて複雑な海岸線を形成しています。 チンクエテッレ国立公園は 1997年にユネスコの世界遺産に登録されました。かなり有名な町もある リオマッジョーレ(Riomaggiore)、 マナローラ(Manarola)、コルニリア(Corniglia)、ヴェルナッツァ(Vernazza)、モンテロッソ・アル・マーレ(Monterosso al Mare)の5つの村を含む一帯がイタリアでも壮大な国立公園になっています。


https://www.flickr.com


それぞれの村は、電車と沿岸のトレイルで移動できます。ただし、いくつかのトレイルは閉鎖されていることがわかっているので、到着したら必ず確認してください)。

5つの村を全て訪ねるのには1日は必要になります。

ガルガーノ国立公園
Gargano National Park

Gargano National park – Foggia – Italie

ガルガーノ国立公園は、イタリア南部の美しい町プーリアの近くにあります。香り高い柑橘類の木々、透き通った海、そしてオリーブの木が点在するアドリア海に面した国立公園です。

景観の優れた海岸線(特にSan Felice Arch周辺)を散策したり、小さなイタリアの村を訪れて石畳の通りを散策することができます。

ガルガーノ国立公園 はナポリ(地中海)の反対、アドリア海に面しています。
ナポリからは車で2時間弱の距離になります。

アブルッツォ・ラーツィオ・エ・モリーゼ国立公園
Parco Nazionale d’Abruzzo


https://www.flickr.com

アブルッツォ・ラーツィオ・エ・モリーゼ国立公園は イタリアのアブルッツォ地方にあり、ローマから東にわずか2時間のところにあります。
鬱蒼とした森と印象的な山のハイキングコースで構成されたペスカッセロリ周辺から始まり、水のきれいな自然豊かな国立公園になります。

イタリアでも珍しいオオカミ、シャモア、およびヒグマの生息地です。
今では、それらを見ることはほとんどありませんが、それだけ自然に囲まれた環境になります。

ローマ周辺の夏はとても暑く、滞在が大変なときもあります。
そんな時でも アブルッツォ・ラーツィオ・エ・モリーゼ国立公園は避暑地のように涼しい滞在が可能です。

トスカーナ群島国立公園
Tuscan Archipelago National Park

トスカーナ群島国立公園は7つの主要な島が構成する約5万ヘクタールを超える島と海をカバーしています。
トスカーナ群島国立公園 の位置はコルシカ島とイタリアの中間になります。

トスカーナ群島国立公園 で最も大きな島はエルバ島になり、エルバ島は地中海らしいきれいな海に囲まれた島になります。
歴史好きな方であれば、かつてナポレオンが1回目の退位をしたときに幽閉された島としても有名です。

また、 トスカーナ群島国立公園 の島の一つモンテクリスト島は小説モンテ・クリスト伯で主人公が財宝を見つけた島として知られています。

グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園
Gran Sasso e Monti della Laga National Park

グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園はイタリアで最大の国立公園の一つであり、ヨーロッパで最大の保護地域の一つです。
この公園を、きちんと見る場合には1日や2日ではとても足りないほどの大きさです。

ここでは、 公園の南にあるカステルヴェッキオ・カルヴィージオ や サント・ステーファノ・ディ・セッサーニオ、バリシャーノ で歴史的な建物を探索したり、ハイキングコースを散策したり出来ます。

雄大で素晴らしい景色を望むなら、グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園で最高の景色といわれるカンポ・インペラトーレ( Campo peratore)高原を是非見てください。

チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園
Parco Nazionale del Cilento

チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園 はイタリア南部のサレルノにあり、ナポリから南へ車で2時間、アマルフィからは1時間ほどの距離になります。イタリアの国立公園の中では比較的簡単に行ける国立公園のひとつになります。

ヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園 の特色として、この公園は、海岸線、牧草地、沢山の小川や渓谷、そして巨大な山々で構成されているその広大な風景のが評価されて世界遺産に登録されています。
ここに来たら、モンテプルノの近くロシーニョ(Roscigno)などの小さな村から、自然の風景を探索するようにしてください。

イタリアの自然(海、渓谷、渓流、丘陵、山々など)を楽しみたいのならイタリア最大の国立公園の1つであることは、チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園 を探索するのは非常に良い選択になります。

グラン・パラディーゾ国立公園
Gran Paradiso National Park


https://www.flickr.com

グラン・パラディーゾ国立公園は、イタリアで最も早い時期に国立公園になりました。イタリアの北部トリノから近い グラン・パラディーゾ国立公園 はフランスとスイスの国境近くに位置します。

モミの森、高山の草原、岩が多い峰があり、小さな湖の数々や星空などを見るために夏にはたくさんのハイカーが訪れます。
冬には、スキーをするために賑わいます。

公園で最も高い山 グランパラディーゾ ( Gran Paradiso )の頂上からはスイスのマッターホルンを見ることもできます  。さらにヤギ属に属する アイベックスを見つけることさえあるかもしれません。


https://www.flickr.com

注意点としてグラン・パラディーゾ国立公園 でのハイキングは地形が複雑で特にグライエ・アルプスの最高峰である グランパラディーゾ (Gran Paradiso)周辺の)、より高い高度に向かう場合は困難な場合があるということです。
必ず地元の専門家のや、国立公園のウェブサイトに詳述されている道をたどるようにしてください。夏のトレイル  コレデラ・テラは信じられないほどの景色です。

アシナラ国立公園
Asinara National Park

アシナラ国立公園は地中海のサルデーニャ島の北部海岸に隣接しているアシナラ島全域が指定されています。
この島には、地中海の植物群の緑の草原や野原にロバが放牧しているのがわかります。

アシナラ島は雨が少ない島として知られています。
地中海らしい海やのどかな景色からは想像も出来ませんが、かつては移民のための検疫所として「悪魔の島」として知られている歴史から、 他のイタリアの国立公園とは違う歴史があります。

アシナラ島の海は素晴らしい美しさでゴルフォ アランチ(Cala Sabina)のような海岸での一時は、この島に来て正解だったと感じると思います。
島の東側の険しい海岸線も非常にキレイなので必見です。

ヴェスヴィオ国立公園
Vesuvius National Park

ヴェスヴィオ山はイタリア最大の地質学的特徴の1つで、それを囲んで保護している国立公園は、ナポリとアマルフィ海岸の間を移動する際には必見です。

ヴェスヴィオ国立公園に来たら、必ずヴェスヴィオ山の頂上まで行くことをお勧めします。頂上までは簡単な道であり、車を降りた後も片道約30分のそれほど急ではない道を行くことが出来ます。

ヴェスヴィオ山まで来たのなら ポンペイも必ず訪問するようにしてください。
ポンペイには出来るだけ開館時間に合わせて訪問することをお勧めします。
来場者も少ない時間にゆっくり見ることが出来ます。


https://www.flickr.com

アルチペラゴ・ディ・ラ・マッダレーナ国立公園
La Maddalena Archipelago National Park

アルチペラゴ・ディ・ラ・マッダレーナ国立公園 は、サルデーニャ島沖に位置するイタリアの国立公園の1つです。
位置的には サルデーニャ島 とコルシカ島は隣接していますが、その隣接している部分の島々から構成されています。

アルチペラゴ・ディ・ラ・マッダレーナ国立公園では国立公園の周りでボートに乗って回るボートツアーをすることができます。
選択するボートやルートによって料金は変わりますが、通常は約50〜120€(1名あたり)です。もっと安上がりな方法としてメインの島であるマッダレーナ島と、そして橋で繋がっているカプレーラ島を徒歩または自転車で探索することも出来ます。

マジェッラ国立公園
Majella National Park

マジェラ国立公園は、グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園の南にある国立公園でローマから東に向かい、アドリア海に続く平原の手前にあります。
森林に囲まれたマジェラ国立公園 。日本人が行ってもハイカーであれば好きになるタイプの公園です。ここに来たら、必ずOrfento渓谷を探索してください。

マジェラ国立公園 探索が終わったら、麓にあるグアルディアグレーレ(Guardiagrele)に行って ‘La Grotta dei Raselli’というレストランで軽食をとる。また、国立公園のすぐ外には、中世の町が未だに現存するパチェントロ(Pacentro)も必見です。

アルタ・ムルジャ国立公園
Alta Murgia National Park

アルタ・ムルジャ国立公園 は、イタリア南部のプーリア州にあります。公園の広い高原は、石灰岩の堆積物、岩の多い露頭、広がる緑の野原で構成されているため、牧歌的な景色を眺めることができます。

公園の丘の上にある神秘的な城、カステル・デル・モンテ(Castel de Monte) は十字軍にも参加した13世紀のローマ皇帝フリードリヒ2世(フェデリーコ2世)によって建築された用途不明の建物になります。
特徴的な八角形 の建物は一見すると城のようにも見えますが、その機能はありません。バーリからは公共機関で行くことも出来ます。

アルタ・ムルジャ国立公園 にはこの カステル・デル・モンテ(Castel de Monte) を見るだけに行く価値はあります。