イタリアでの鉄道の旅

イタリアで旅行する際に都市間の移動で便利なのが鉄道を利用した移動です。
しかし、初めてイタリアを訪れる際にチケットの買い方、乗車の仕方、人気のあるルート、そしておすすめの旅行のヒントなど、イタリアの鉄道ネットワークの詳細について記載していきたいと思います。

初めてイタリアに行った際にインターネットはなく、駅の窓口でチケットを購入するしかありませんでした。
その内、駅の構内にチケットの自動販売機が設置され、インターネットから予約も可能になり、今ではスマートフォンのアプリを使って予約とチケットを入手することが可能になりました。

イタリアの鉄道チケット

イタリアで列車の切符を予約する最も簡単な方法はオンラインでパソコンやスマートフォンのアプリを利用する方法が最もわかりやすく、便利です。

列車の時間を確認し、運賃を比較 して、ウェブサイト上またはTrainline Appを利用してイタリアの鉄道チケット を購入してください。アプリを使用すると、電車の中のチケット検査官がスキャンできるQRコードを含むモバイルチケットが届きます。紙のチケットを印刷する必要はありません。
列車の時刻やチケットを検索するときに年齢を入力することもできます。子供料金や高齢者運賃などの割引が自動的に表示されます。
国内路線でイタリアを電車で旅行する場合は、国内で2つの主要鉄道会社であるTrenitaliaまたはItaloサービスを利用できます。  

トレニタリア鉄道チケット

トレニタリア(Trenitalia)のチケットは、旅行のニーズに応じてさまざまなチケットを提供します。
トレニタリアには4つのチケットタイプがあり、リージョナル、スーパーエコノミー、エコノミー、ベースに分かれています。
内容は航空券のルールと同じように安いチケットは変更やキャンセルに規制の多いスーパーエコノミーチケット から 出発前まで何度でも変更が出来るチケットに分かれています。

これらのチケットとあなたに最適なチケットの詳細については、  
トレニタリア の ページをご覧ください。

イタロの列車のチケット

イタロの列車の切符は、3つのチケットに分かれています。
ローコスト、エコノミー、フレックス。トレニタリアと同様に、チケットは変更やキャンセルの柔軟性に応じて価格が異なります。
最も安いチケットを予約するのは基本ですが、予約の変更は出来ません。
フレックス チケットを予約すると、出発前まで何度でも変更が出来るチケット になりますが、結果としてチケット価格は高くなります。 

イタロの鉄道チケットの詳細については、
イタロの列車   の ページをご覧ください。

イタリアの格安鉄道チケット

トレニタリアのホームページやTrainline Europeアプリを使用してイタリアの格安列車のチケットを見つける事が出来ます。
チケットを検索する際に “最も安い”フィルターを選択することで、選択したルートの利用可能な最も安い価格を見つける事が出来ます。
鉄道を安く利用したいなら、特集ページを作成していますので、そちらを参照してください。

安いイタリア列車の切符

イタリアの鉄道マップ

非常に簡単な鉄道マップを掲載しておきます。
どこの国の鉄道もそうですが、都市間を結ぶ高速鉄道、ローカル線の運行など目的によって使い方は変わってきます。

電車でゆっくり移動したい場合、イタリアの列車を利用することは座席の快適さや素晴らしい景色を眺めることができるので、それだけでも満足度は高いと思います。

イタリアの列車は、お金を節約しながらできるだけ早く目的地に到着したい場合に最適です。
主要都市間の移動は、飛行機を利用する事も出来ますが、空港までの移動と待つ時間、そして料金を考えると列車のほうが速くて安く利用できます。
もちろん、これからLCCが多くなり、飛行機の料金は安くなるかもしれません。
しかし、たとえば、ローマからミラノまでの電車での所要時間は平均2時間48分で、飛行機での旅行と比較してもほぼ同じ時間ですが、手間はかかりません。
これは車で高速道路を利用した場合の所要時間約6時間と比較しても遙かに早い時間で移動することが出来ます。

イタリア列車の種類

フレッチャロッサ(Frecciarossa )

トレニタリアによって運行されているフレッチャロッサ(Frecciarossa)はイタリアで最速(最高時速400 km)で、ローマ、ミラノ、ナポリ、フィレンツェなどイタリア半島の主要都市を結んでいます。 

フレッチャロッサ には、Executive、Business、Premium、Standardの4つの座席クラスがあります。電車のサービスには、食堂車を始めWiFi、照明、各座席のコンセント、エアコン、障害者用の優先席もあります。

フレッチアルジェント( Frecciargento )

トレニタリアが運営する フレッチアルジェント列車は、最高速度250 km / hで、ローマ、ヴェネツィア、ヴェローナ、ジェノヴァなどの中規模および大規模都市を結んでいます。座席はファーストクラスとセカンドクラスの2クラスに分かれていて両方とも座席はリクライニングシートになります。
フレッチアルジェント には食堂車を始め、エアコン、WiFi 、各席のライト、電源コンセント、そして障害者用の優先席もあります。

フレッチャビアンカ (Frecciabianca )

毎時200キロのトップスピードになるフレッチャビアンカはミラノからヴェネツィアを結び、ラヴェンナとレッチェ含む大都市及び中型都市を結んでいます。 フレッチャビアンカ列車はトレニタリア によって運営されており、広い座席、エアコン、ライト、電源ソケットなどの機内サービスを提供しています。

イタロ( Italo )

イタロ( Italo ) 列車は民間会社NTVによって運営されています。
イタリアの大中規模都市を最高時速350 kmで移動する列車を運行しています。
4つの チケットクラス (スマート、コンフォート、 プリマ、 クラブエグゼクティブ)で、座席クラスは3クラスに分かれています。
イタロ はWiFi 、座席のコンセント、障害者専用の座席、リクライニングレザーシートを提供します。

空港からのアクセス

イタリアの空港から市内中心部に到達するための列車は、実はそれほど多くはありません。
ローマの ローマ・フィウミチーノ空港やミラノのマルペッサ空港を含めて7空港ぐらいになります。
建設中や計画段階の路線まで含めると、それでも12空港くらいです。
ここでは日本から直行便が就航している ローマの ローマ・フィウミチーノ空港やミラノのマルペッサ空港 について記載します。

ローマ行き フィウミチーノ空港

市内中心部にあるテルミニ駅まで直通で行くことが出来ます。
空港からローマ中心部は約30km離れています。
それを32分で行くことが出来るレオナルド・エクスプレスはトレニタリアが運営。

レオナルドエクスプレスの料金は片道14ユーロで毎日の列車数は2018年に110から126に増えました。
最初の列車は05:20にフィミチーノ空港から出発し最終は22:35にフィミチーノを出発します。
バチカン市国とローマの素晴らしい景色を楽しみたい場合は、電車の左側に座ってください。

ミラノ行き マルペッサ空港

マルペッサ空港からミラノ市内のミラノ中央駅までの距離は約47km。
まではマルペンサ・エクスプレスはマルペッサ空港のターミナル1またはターミナル2どちらからも出発することが出来ます。
ミラノ市内中心部までの所要時間45分ほど。
列車はミラノの主要鉄道駅ミラノ中央駅、ミラノカドルナ駅とミラノポルタ・ガリバルディ駅に停車します。ミラノ市内まで片道10ユーロになります。

イタリアの主要駅

イタリアの主要都市へ電車を利用して旅行をするとき、また、ミラノのマルペッサ空港からミラノ、ローマのレオナルド・ダヴィンチ空港からローマに向かう際にもを利用します。ローマの駅はそれぞれ特色があり、近代的な建物と歴史的な建物が混在するイタリアの駅は、それ自体がランドマークです。
以下に主要な駅のいずれかをクリックして、そこに行く電車の種類と他の都市に行く場合の所要時間を記載しています 。

ミラノ中央駅(Milan Central Station)

ローマ テルミニ駅(Rome termini Station)

フィレンツェ サンタ マリア ノヴェッラ駅

トリノ・ポルタ・ヌオーバ駅