イタリアの食事は高いか?

イタリアの食事

旅行に行ったときに、かかる費用として大きいのが食事代になります。

一人なら、それほどではありません。

しかし、家族で旅行する時には1回の食事で1万円を超えることも多いかと思います。

日本やアジアならそれほどの金額は必要ないかもしれません。
しかし、ヨーロッパでは日本と違って安く食事をできる場所は少ないと思います。

イタリアも同様です。

イタリアはよく美食の国と言われます。

確かに、おいしい食べ物はたくさんあります。

しかし、それはそれなりのレストランなどで食事をするときにお話です。

食事代の体感は為替によっても違います。
今のユーロは3年ぶりくらいに日本円に対してレートが下がっています。
1ユーロが120円を切るのは久しぶりです。

最も高い時には 1ユーロが170円超えていた時もありました。

感覚的には1ユーロが120円くらいが日本の物価と同じくらいの感覚になります。
なのでそのレートで考えてみたいと思います。

日本ではワンコインで食事ができたり、1000円以下で食事ができるのは当たり前かと思います。

そして、夕食などで3,000円以上を使うこともあるかと思います。

イタリアでワンコイン(500円程度)で食べられるものはバールなどで提供するイタリアンサンドやピザの1ピースくらいです。

10年くらい前には全くなかったファストフードもイタリアで増えています。
よく目にするのはマクドナルドやキングバーガーなどです。
日本と同様にセットになっていますが、普通にセットを頼むと1,200円から1,500円くらいになります。

イタリア語でリストランテ(Ristorante) からピッツェリア(Pizzeria)まで各種レストランがあります。

大別すると以下のようになりますが、あいまいな店も多く外観や料理の値段で考えることもあります。

イタリアの食事

リストランテRistorante ) 


一般的なレストラン。看板の近くにRistoranteの表示がある店が多く、日本でもイタリアンレストランで表示している店も多くなっているのでわかりやすいかもしれません。内容や値段は様々になり、トラットリアより庶民的な店もあれば、高級的なお店もあります。

トラットリア ( Trattoria

カジュアルなレストラン。

オステリアOsteria)  

イタリアには小さなヨーロピアンホテルが数多くあります。
本来はそういったホテルに併設されている簡単な飲食ができる店のことです。

エノテカEnoteca)  

至りの立ち飲み屋になります。イタリアでは何軒かこういった立ち飲みの店に行ってワインを飲みながら、その店のおすすめのおつまみを食べながら酔っぱらっていく習慣もあります。
ワインの種類も豊富でおつまみの種類も多い。

ピッツェリアPizzeria)

これも日本で増えているピッツァ専門店。
ピッツェリアPizzeria) の中でも、ピッツァ以外に簡単な料理(パスタなど)を提供する店もあります。

リストランテなどではコース料理もありますが、アラカルトもあります。
メニューの基本構成は、前菜、1皿目の料理、2皿目の料理、それとメイン料理の付け合わせ、そしてデザート。
最後にコーヒーになります。

アンティパストAntipasto)  前菜

プリモ・ピアットPrimo piatto)  パスタ、リゾットなど炭水化物料理

セコンド・ピアットSecondo piatto ) 肉や魚などメイン料理

コントルノContorno ) メイン料理に合わせる野菜料理

ドルチェDolce) デザート

コース以外で注文する時もすべての料理を注文する必要はありません。
しかし、 プリモ・ピアットPrimo piatto) でパスタだけを注文して食事を終わらせることはありません。
それなりの内容で注文しますので、食事代は高くなります。

旅行の楽しみの一つは食事なので、ある程度のぜいたくはいいと思います。
しかし、ディナーだけではなく、ランチも同じように注文すると結構な金額になります。

ちなみに1ユーロが170円を超えていた時にパスタを注文すると種類にもよりますがパスタが12ユーロから15ユーロ。
そして、もれなくパンが付いてきます。
そのパンも3ユーロぐらいしますので日本円で考えると2,500円から3,000円くらいになりました。

そのイメージがあるので、今でもレートに関係なく食事は高いと感じてしまうのかもしれません。

今のレートの場合は120円として1,800円から2,160円といったところ。

そう考えるとやっぱり高いのか。と思います。

イタリアに行くと、日本やアジアでは本当に安く食事ができると実感します。

アラカルトで注文すると結局高くなったりしますが、コースで注文するとディナーでも4,000円程度からあり、そう考えると日本とあまり変わらないと思います。